口臭予防ガムの特徴

焼肉屋さんなどに行くと、よくお会計の所に置いてあったりするので使用した事がある人は多いかと思います。

焼肉の臭いは結構強いのでその防臭効果と、口の中が油でもったりとしているのでリフレッシュさせるのが主な狙いとなります。利用シーンとしてはかなりポピュラーと言えますね。

もちろんガムじゃないとダメと言う訳でもありませんが、そこはロッテの戦略勝ちかもしれません(笑) そういった事もあって口臭清涼剤としてはもっとも定番の商品ではないかと思います。

ガムタイプの特徴:

ガムであればそんなに大きな物ではないので持ち歩きは非常に楽です。昔は板ガムしかありませんでしたが最近は粒タイプの物が主流で、粒タイプであればカバンの中でバラける心配が軽減されて持ち運びの点でもより優秀と言えます。

ガムタイプですので、持続時間も比較的長く20分程度は噛んでられるかと思います。ガムの味と清涼効果の持続時間は延びてきているので、商品によってはもっと長いのもあります。

噛み終わってもしばらくは効果がありますので中々優秀な口臭清涼剤と言えるでしょう。

しかし暫く口の中にありますので、人と合う直前などでの使用は難しいものが難点です。それとガムは基本食べ終わったら吐き出して処理しますので、食べ終わった後の処理が聊か面倒です。

もちろん面倒だからと言って道端に吐き出すのはいけません、あれを踏んづけると靴の溝に入って悲惨な事になってしまいます。飲み込んだらどうなのか?と言うのもありますが、特に体に吸収される物では無く毒にも薬にもならないので、喉に詰まったりしたくなければ紙に包んで、ゴミ箱に捨てるのが無難かと思います。

ガムも色んな商品がありますが、皆さんキシリトールと言う言葉を聴いたことはないですか?キシリトールは砂糖と同等の甘味を持ちながら、虫歯の原因とならないと言う利点があります。ガムを噛む事によって唾液が分泌されますので口臭も抑えられ、虫歯にもなり難くなるというダブルの効果が得られます。虫歯も口臭の原因ですので、一環して口臭対策になると言えます。

他にもガムには歯に良い成分(ラクトフェリンやリカルデント)が含まれた商品が多数出ています。ラクトフェリンは、て、口内ケアに関して一番向いてる商品のようです。噛むと言う行為は、人体に様々なメリットをもたらしますので、ガムの最大の特徴は、このかみ続けられると言う点にあると言えると思います。

予断ですが、噛むと言う行為によって得られるメリットは虫歯、口臭予防以外にも、ボケ防止、肥満防止、活性酸素除去など色々あるようです。

ガムを食べるタイミングとしては、やはり食後が良いようです。専門的な話になってしまいますが、食後は口の中が酸性になり歯が溶け出してしまいますが、唾液が中性を保つよう中和してくれます。

食後にガムを噛むと唾液が分泌されるので、素早く口の中を中性に保ってくれます。