歯磨きで口臭対策

口臭清涼剤について色々なご紹介をしていますが、清涼剤に頼らずに口臭対策を行うことも大切です。

最も効果的な方法は歯磨きを適切なタイミングで適度なブラッシングで行うということです。雑菌を減らし口内環境を整え口臭を抑えるには、歯磨きが非常に効果的です。タイミングは朝の起床後と夜の就寝前の2回が最適と言われています。毎食後にブラッシングする方もいますが、食後30分はphの関係で歯のエナメル質が柔らかくなっており、歯磨きに適していないといわれています。また、日中は唾液の分泌も多いため雑菌の繁殖も少なく、歯磨きをする意義は少ないと考えられています。

そして、歯磨きをする際には殺菌、抗菌作用に優れているフッ素入りの歯磨き粉を使用するようにしましょう。使用後は、2、3回のうがいにとどめ、完全に流しきらないことも雑菌の繁殖予防に効果的なようです。そうすることで、就寝時の雑菌の繁殖を防ぎ、翌朝歯磨きをするまできれいな口内環境を保ってくれます。くわえて、舌の上を2、3回軽くブラッシングすることも、口臭の原因となる舌苔を取り除くのに効果的です。